冷たい味噌汁始めました

味噌は体に良い。
毎日摂った方が良い。
無難なのは味噌汁。わかってはいるけどこれから本格的な夏がやってくる。
味噌汁食べなきゃ、でも熱いの嫌だ、でも味噌汁、、、
ふと冷製スープが頭に浮かぶ。
なら冷たい味噌汁があっても良いのではないか?
気になったので早速ネットで調べてみた。
自分ではすごいアイデアと思っていたが、世間では普通に食べられていた。
特に夏は塩分補給にもなって良いらしい。
作り方は様々。水に味噌を入れて溶くだけというかなりシンプルな方法。これは作ったあとすぐに食べられるが、味気ない印象。
いつも通り作って冷ます方法。これが一番無難だが、覚めるまでに時間がかかる。
私が試して良かった方法。まず自分が作ろうと思っている味噌汁の半分の量の水。味噌は作ろうと思っている人数分の量。あとはいつも通り作る。なのでこの時点では相当に濃い味噌汁が出来上がっている。火から離し少し経ってから残り半分の水を足し、軽く混ぜたら完成。お椀に入れて冷蔵庫へ。
オススメの具は焼き茄子や焼きピーマン。
冷たい味噌汁。若干の抵抗も食べてみたら吹っ飛んだ。味噌汁嫌いの家族が「美味しい」と言ってくれたのも嬉しかった。http://www.visithuntingdonshire.org

よく障子を破いてしまうという人へ

みなさんの家にも障子があると思いますが、障子紙ってなんですぐに破れてしまうのでしょうか。ふつうに開け閉めしているだけなのに、距離感がおかしいのか指先がよく障子紙部分にあたるんですよね。もしかしたら、取っ手の窪みが小さめというのも原因かもしれません。
そもそも、取っ手の周りに障子紙が貼ってあるから破れるわけで、もう少し設計を考えればよかったのに、と破くたびに思います。まあ、不注意で破くこちらがいちばん悪いから、これは責任転嫁以外のなにものでもありませんが。
そんな愚痴ばかり言っていてもしょうがないから、自分で対策を考えてみました。要は破れなければいいわけで、破れやすい部分の障子紙だけ丈夫な紙に張替えようという作戦です。
やり方は簡単で、破れがちな障子取っ手周りの障子紙だけきれいに剥がしていきます。汚くても大丈夫なんですが、せっかくだから出来上がりがきれいに見えるよう、丁寧に剥がしましょう。きれいに剥がしたら、今貼ってある障子紙と似たような色の丈夫な紙を、枠の大きさに切って両面テープで貼るだけです。
これで誤って指があたっても簡単には破れない障子の完成です。よく障子を破いてしまうという人がいたら、一度試してみてはいかがでしょうか。禿げの対策として育毛剤は欠かせません

木下優樹菜の家庭って

木下優樹菜の家庭についてお話します。
フジモンと一緒になった木下優樹菜さん、
現在二人の子供に恵まれて幸せな暮らしをしていると
れてびで報道していました。
フジモンと優樹菜さんが結婚した理由はなんでだろうと
当初から疑問に思っていたのですがついにこの前
結婚した理由を話していました。「そんなの一つに決まってんじゃん」
「ブスがいる安心感はすごい」「虫にも優しい」
と話していました。
その話を見た時、すごく幸せなんだなぁと
羨ましくなりました。
番組で優樹菜さんが抱いている次女の手が飲みかけのコップにあたりこぼしてしまうとゆう場面がありました。
その時のフジモン文句を言いながらもしっかり
床をふいて後始末していました。
その際、優樹菜さん口を抑えて笑ってました。
フジモン!すごく尻に敷かれてる感じでしたが
それを見て、こうゆうところがフジモンを選んだ理由なのかなと思いました。
家族四人すごく幸せな家庭を築いていました。
心からお幸せに。料金だけ比較するとサロンの方が安いです