勉強することが楽しい

最近数学や統計学の知識をマーケティングに活かすために勉強しています。
きっかけはUSJで活躍されている森岡毅さんの「確率思考の戦略論」という本を読んだことです。
森岡さんは低迷していたUSJをV字回復させた立役者で、感覚的なアイデアで勝負するのではなく、数学を駆使した論理的な戦略に基づいた方法を実践している方です。
私は学生時代、理系でありながらもあまり数学が得意ではありませんでした。
しかし森岡さんの本を読んだことで再び数学を学び直し、ビジネスに活かそうという思いが強く湧いてきたのです。
もちろん簡単ではないのですが、20代の今この能力を身に付けておけば必ずこの先の自分を支えてくれる武器になってくれると信じて頑張りたいと思っています。
経験からの感覚的な話ならそれを理解するのは非常に困難なのですが、数学は多くの人にとっての共通言語のようなもので、私のような駆け出しの社会人であってもしっかりと噛み砕くことで理解できます。
世界のどこでも活用できますし、これからどんどん成長できると思うと楽しみで仕方がありません。首イボは、治療せずに自宅でケアできます

各党の選挙公約がなんでもありになってきました

選挙の時期になってきました。昔は政見放送はあるものの基本は候補者の人が足で稼いで挨拶に回るというのが主でした。最近は違います。TVメディアに登場してアピールをする機会が増えています。選挙に対する討論の番組もあります。さらにはネット中継まで始まっています。選挙カーでいろいろな場所を回るのは減ったように思います。その代わり各党の代表や人気代議士が地方を回って応援演説をしています。まるで芸能人並みです。投票日も迫ってきた時にラジオCMやニュース特番でユニークな公約や何?と思うような公約まで飛び出してきました。
『返還しなくていい奨学金』『花粉症ゼロ』『スマホで投票』『同性婚OK』『月曜日半休』『退社から出勤まで最低11時間』などなど。はっきりいってなんでもありだと思いました。
税制改革の事案は即成立するものの、その他の重要案件はほとんで成立しない中、こんな公約まで飛び出してきています。まさに政党が政治離れを促進しているような気がします。
とにかく票さえ集めて当選さえすればいいというようにしか見えません。以前TVのバラエティ番組でやっていた、選挙公約を提示し与党となった政党が選挙公約を守れなければ罰則を与えるというのはどうか!というものでした。本当にそうすればいいんじゃないかと思い始めました。akamaiproperty.com

冷たい味噌汁始めました

味噌は体に良い。
毎日摂った方が良い。
無難なのは味噌汁。わかってはいるけどこれから本格的な夏がやってくる。
味噌汁食べなきゃ、でも熱いの嫌だ、でも味噌汁、、、
ふと冷製スープが頭に浮かぶ。
なら冷たい味噌汁があっても良いのではないか?
気になったので早速ネットで調べてみた。
自分ではすごいアイデアと思っていたが、世間では普通に食べられていた。
特に夏は塩分補給にもなって良いらしい。
作り方は様々。水に味噌を入れて溶くだけというかなりシンプルな方法。これは作ったあとすぐに食べられるが、味気ない印象。
いつも通り作って冷ます方法。これが一番無難だが、覚めるまでに時間がかかる。
私が試して良かった方法。まず自分が作ろうと思っている味噌汁の半分の量の水。味噌は作ろうと思っている人数分の量。あとはいつも通り作る。なのでこの時点では相当に濃い味噌汁が出来上がっている。火から離し少し経ってから残り半分の水を足し、軽く混ぜたら完成。お椀に入れて冷蔵庫へ。
オススメの具は焼き茄子や焼きピーマン。
冷たい味噌汁。若干の抵抗も食べてみたら吹っ飛んだ。味噌汁嫌いの家族が「美味しい」と言ってくれたのも嬉しかった。http://www.visithuntingdonshire.org

よく障子を破いてしまうという人へ

みなさんの家にも障子があると思いますが、障子紙ってなんですぐに破れてしまうのでしょうか。ふつうに開け閉めしているだけなのに、距離感がおかしいのか指先がよく障子紙部分にあたるんですよね。もしかしたら、取っ手の窪みが小さめというのも原因かもしれません。
そもそも、取っ手の周りに障子紙が貼ってあるから破れるわけで、もう少し設計を考えればよかったのに、と破くたびに思います。まあ、不注意で破くこちらがいちばん悪いから、これは責任転嫁以外のなにものでもありませんが。
そんな愚痴ばかり言っていてもしょうがないから、自分で対策を考えてみました。要は破れなければいいわけで、破れやすい部分の障子紙だけ丈夫な紙に張替えようという作戦です。
やり方は簡単で、破れがちな障子取っ手周りの障子紙だけきれいに剥がしていきます。汚くても大丈夫なんですが、せっかくだから出来上がりがきれいに見えるよう、丁寧に剥がしましょう。きれいに剥がしたら、今貼ってある障子紙と似たような色の丈夫な紙を、枠の大きさに切って両面テープで貼るだけです。
これで誤って指があたっても簡単には破れない障子の完成です。よく障子を破いてしまうという人がいたら、一度試してみてはいかがでしょうか。禿げの対策として育毛剤は欠かせません

木下優樹菜の家庭って

木下優樹菜の家庭についてお話します。
フジモンと一緒になった木下優樹菜さん、
現在二人の子供に恵まれて幸せな暮らしをしていると
れてびで報道していました。
フジモンと優樹菜さんが結婚した理由はなんでだろうと
当初から疑問に思っていたのですがついにこの前
結婚した理由を話していました。「そんなの一つに決まってんじゃん」
「ブスがいる安心感はすごい」「虫にも優しい」
と話していました。
その話を見た時、すごく幸せなんだなぁと
羨ましくなりました。
番組で優樹菜さんが抱いている次女の手が飲みかけのコップにあたりこぼしてしまうとゆう場面がありました。
その時のフジモン文句を言いながらもしっかり
床をふいて後始末していました。
その際、優樹菜さん口を抑えて笑ってました。
フジモン!すごく尻に敷かれてる感じでしたが
それを見て、こうゆうところがフジモンを選んだ理由なのかなと思いました。
家族四人すごく幸せな家庭を築いていました。
心からお幸せに。料金だけ比較するとサロンの方が安いです

やっぱり暑い時期の買い物は夜にするのがいい

暑い夏の時期の買い物ですが、やっぱり昼間よりも夜に限ると思います。
店内はクーラーが効いていますが外に出たらかなりムシムシしますしあの暑さの中荷物を運べば外にいる時間が少しだけだとしても沢山汗をかいてしまいます。
昨日は夜に買い物をして来ましたが、やっぱり夜はいくらか涼しいのでいいですね。
それに夜の方が昼間よりはお客さんが少ないですし、時間帯にもよるのかも知れませんが長くレジ待ちをする必要もありません。

実は昨日の昼間、私はあまり体調が良くありませんでした。
恐らく暑さが原因だったのではないかと思います。
あの体調の悪さだったら昼間買い物に行くなんてことは絶対に無理でした。
気温が違うというだけでこんなに体調が変わるなんて凄いですよね。
夜になったらさっきの具合の悪さはなんだったんだろうと思う程元気になることが出来ました。

結局昨夜は100円ショップとコンビニだけしか行かなかったのですが、思ったよりもあまり買いませんでした。
でも飲み物だけはいっぱい買いました。
やっぱり暑いと飲み物が沢山欲しくなります。http://www.kdp-syria.com/

子供の為?親の為?教育って

つい最近、小学生の子供が幼稚園の時の発表会のDVDを観ていて思ったのですが、うちの子の幼稚園では、劇をやるとき主役はありません。無いというか、全ての役が3、4人で演じるのです。
本来なら1人で良い役も全部同じです。平等にという考えだと思うのですが、とても違和感があります。
私が子供の頃は先生と子供達みんなで話し合い、主役になりたい子がたくさんいたらジャンケンやクジ引きで決めたりしていました。また主役じゃなくても面白い役があれば、その役に人気が集まったりと、役決めでも楽しかった思い出があります。その事で子供同士揉めたり、親が不満を言うとかそんな事はありませんでした。
主役になれた喜びとか、逆になれなくて悔しいけど、違う役を一生懸命頑張るとか、台詞や踊りを覚えて、達成出来るように子供なりに考えて張り切っていました。それに親も、主役だから凄いとかじゃなく、その子に合っているならそれでいいと思っていたと思います。
今私も、昔のように役決めをして欲しいと思っています。色んな考え方や育て方があって良いのですが、揉め事を少なくするためのやり方で、子供達のためになるのかなと疑問を持っています。ひざ下脱毛しないと夏場に恥をかく可能性があります

カビをもう生やさない方法

日本は本当に湿気が多いと感じます。ジメジメしてとても不快ですね。身体が気持ち悪いばかりでなく、ジメジメと湿気が多くて困ることはやっぱりカビです。湿気っていると、家の色々なところにカビが生えて困ってしまいます。
中でも、掃除してもすぐカビが生えて困ってしまう場所の代表的なところはお風呂です。お風呂自体、水気が多くてジメジメしていますし、さらに日本は湿気が多い気候なので嫌な相乗効果でものすごくカビが生えます。
どうにかしてカビを生やさないように丁寧に掃除してみたりカビ取り剤を使っていてもいつの間にやら、またあの嫌な黒い点々が出てきてしまいます。
もう、お風呂のカビ地獄から解放されることはないんだろうな、と思ってあきらめていましたが、この前テレビで、もう二度とお風呂にカビを生やさない方法というのを紹介していたのです。
それは、カビは50℃で死滅するので、カビが生えているところに50℃のお湯をかければよいだけ、という方法でした。表面に生えているカビには5秒、内部まで浸透してしまっているカビには90秒ほどお湯をかければ良いそうです。
こんなに簡単なことでカビが生えなくなったら最高に幸せですね。お風呂から上がるときに実践し始めました。
本当にこんなに簡単な方法でカビが生えてこなくなるのかまだ半信半疑ですが、もう少し続けて様子を見てみたいです。http://www.olsenrenovation.com/

美肌にはスクラブを使うといいらしい!

最近肌がガサガサで何とかケアができないものかと友人に訪ねるとスクラブを進められました。
LUSHで購入したというソルトのスクラブでかなりすべすべになったという友人の肌は確かにすべすべでもちもちでかなりうらやましかったです。
さっそく近所のLUSHに行ってソルトスクラブを購入しに行き、使い方もいろいろと教えてもらいました。

バスタイム時の濡れた肌に適量のせてくるくるとマッサージをして洗い流すという簡単な使い方ですが、これだけで角質が取れすべすべ肌に近づきます。
そして保湿成分や美容成分も十分に含まれているのでもちもち肌にもなるというわけです。
実際使ってみるとつぶつぶが肌の上を滑っていく感覚が気持ちよく、洗い流すと確かに使用前とまったく違う触り心地に驚きました。
顔にも体にも全身使えるのがうれしいところです。

そしてスクラブについていろいろ調べてみるとほかにももっと安くて手を出しやすいソルトスクラブや、ソルトスクラブよりも低刺激のシュガースクラブなどいろいろなスクラブがあって見ているだけでもすごく面白かったです。
上級者の方ははちみつなどを混ぜて自分で作るそうです。
とにかく私はLUSHのソルトスクラブを使い切ったら今度は気になるスクラブを片っ端から試してみようかなと思います。タトゥーの場所を削る削皮という手術が話題です

もう一花咲かせたい心境

子育てをしていた時代、仲間と一緒に子育てサークルを結成した。初めての子育てに夢中になっていたあの頃。大変だったけれど、楽しいよと自らにも言い聞かせ、毎日が過ぎていった。いつしか本当に楽しくて仕方がないと思うようになっていた。小さな娘と二人で引きこもりがちだったのに、仲間と絵本に巡り合い、絵本の原画展の手伝いをしたり、講座を企画したり、自分の好きなことを追い求めた。娘も一緒に子育ての黄金時代を過ごしたのだと思っている。
そのサークルも月日と共にメンバーが入れ替わり、形を変えて細々と活動をしてきた。初期のメンバーとは子育てが終わっても変わらない付き合いを続けている。それは密着した関係ではなく、つかず離れずの程よい距離感を保っているからなのかもしれない。
そんなとき、昔の仲間の一人がカフェで働いていることを知った。何度もその前を通っていたのに気づかなかった。変わっていないだろうか。あの頃はそんなに仲が良かったわけでもないけれど、なぜか気になって、ふと訪ねてみた。
中が見えるガラス張りの店内。覗いてみたら、彼女の方が気づいてくれた。懐かしいねと言い合い、どうしてた?元気だった?とお互いの近況を軽く告げる。
「いろいろあってね」
その一言でなんとなくわかった。私もいろいろあっての今なのだ。子どもたちは巣立っていき、親のこと、自分自身の健康のこと、家や仕事のことなど、様々な苦労を乗り越えてきた。まだ活動を続けていると話すと、またやりたいなと明るい声が返ってきた。
毎日が目まぐるしく過ぎていたころと比べれば、今は少しゆっくりめだけれど、あの頃の情熱は忘れてはいないようだ。再会したのも何か不思議な力が働いたのかもしれない。
ふと、かつての人気バンドが、時を経て再結成するときの心境だと思った。もう一花咲かせてみようか。